消費生活アドバイザー

消費生活アドバイザーとは、企業や行政の消費者窓口で、製品の欠陥・不具合そのほか消費者の苦情・意見・相談を聞き、より良い製品づくりや、行政対策に結び付けてゆく人のことです。

消費者とメーカーの間に立って、コミュニケーションの橋渡し役を行い、より良い製品の開発に貢献します。

消費生活アドバイザーになるには、試験に合格しなければなりません。

受験資格は満28歳以上か、企業や団体の消費者サービスなどの部門で実務経験があること。

実務経験がなければ一定期間の実務研修を受ける必要があります。

5年ごとに資格が更新され、その都度、研修があります。

このカテゴリー他用語では以下のことも知ることができます。

その他用語
職務経歴書
ニート
採用
PET(ペット/ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)
PET(ペット/ポリ・エチレン・テレフタレート)
NPO(エヌピーオー/ノン・プロフィット・オーガニゼーション)
LED(エルイーディー/ライト・エミッシング・ダイオード)
LCD(エルシーディー/リキッド・クリスタル・モニター)
JAS(ジャス/ジャパニース・アグリカルチュアル・スタンダード)法
GID(ジーアイディー/ジェンダー・アイデンティティー・デイスオーダー)
FTA(エフティーエー/フリー・トレード・アグリメント)
遺伝子治療
延長保育
過労死
確定申告
金融機関
コンピテンシー
国連本部インターンシップ・プログラム
国際会計基準
コアコンピタンス
コーチング
サーファー
人事異動
人事
人材バンク
ジャスダック
自己資本
ジェンダー
シンクタンク
職業訓練
消費生活アドバイザー
生涯学習
春闘
出向
就労ビザ
就職浪人
就職活動
指定管理者制度
市場化テスト
資格商法
シーズ
スカウト
専業主婦
セクシャルハラスメント
ADR(エーディーアール/オルタナティブ・ディスピュート・リソリューション)
COE(シーオーイー/センター・オブ・エクセレンス)
知事・市区町村長
地域子育て支援センター
トレーダー
東証マザーズ
東証
ナノテクノロジー
ナスダック
ねずみ講
バイオメトリクス
プライベートエクイティ
ブルーレイディスク
ブリーダー
フリーランス
不動産投資信託
副業
ファミリーサポートセンター
ヘラクレス
ボランティア
保証人
法人
マルチ商法
民生委員
メセナ
ライフプラン
リコール
リクナビNEXT
連帯保証人

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>