深夜労働

深夜労働とは、22時から翌5時までの労働のことをいい、25%の割増賃金が支払われます。

それが時間外労働である場合は、さらに25%の割増賃金が追加されます。

時間外労働とは、1日8時間以内もしくは1週40時間以内の法定労働時間を超えて行なわれる労働のこと。

これを行えるようにするには、会社は労働者と三六(サブロク)協定の締結が必要です。

また、労働基準法では週1日以上の休日を与えなければならず、それを超えて休日にも労働をさせた場合は、35%の割増賃金を払わなければなりません。