理学療法士

理学療法士とは、身体の機能に障害(脳性マヒなど)のある患者を、その本来の機能が回復するよう、筋力増強のための体操やマッサージなどを行い回復させる仕事です。

理学療法士は通常、病院やリハビリステーションなどに勤務し、医師の指導の元で施術します。

訓練器具を使った物理療法と、温熱療法や電気療法などの物理療法があり、実際に器具などを使ったトレーニングを支援するほか、社会復帰までの計画を作成したり、治療行為だけでなく、仕事や生活に対応できるよう指導。

患者にとって苦痛を伴うことがある辛い訓練も多いため、心理的な支援も欠かせません。

そのため、別名、フィジカルセラピスト(PT)ともいわれます。

理学療法士になるには免許が必要です

高校卒業後、国が指定する理学療法士養成施設で訓練を受け、国家試験に合格しねければなりません。

免許取得後は病院、リハビリステーション、老人ホームなどに就職するのが通常です。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>