診療放射線技師

診療放射線技師とは、レントゲン撮影、MRI、CTスキャンなどの装置で検査をする技術者です。

人間の病気は、外部から見えない体の中で進行していることがあり、そのような病気の発見、原因の発見には、特殊な装置を使います。

しかしながら、例えばレントゲン撮影に使うX線は放射線の1種で、取り扱いに注意しなければいけません。

患者に悪い影響を及ぼしますし、自分自身にも危険です。

診療放射線技師になるには、国が指定する診療放射線技師養成施設を卒業し、国家試験の合格が必須。

そして、病院や保健所などに勤務します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>