時間外労働

時間外労働とは、労働基準法で定められた時間を超えて労働することです。

労働基準法は労働時間を1日8時間以内、1週40時間以内と定めていて、これを法定労働時間といいますが、それを超えた部分を時間外労働(法定残業)とし、時間外手当が支払われます。

ただし、会社は残業手当を支払えば従業員を残業させられるわけではありません。

六(サブロク)協定の締結が、従業員者と会社の間で必要です。

深夜10時から翌5時までの労働については、深夜残業となりさらに25%の割増賃金を払うことになる(法定残業とあわせると50%)。

また、労働基準法では週1日以上の休日を与えることを定めていて、それを超えて休日にも労働をさせた場合は35%の割増賃金を払わなければいけません。