獣医師

獣医師とは、動物を対象とする医師のことです。

犬や猫などの小動物・牛や馬などの家畜の病気の診断や治療および予防、魚の伝染病の予防や治療を行います。

また、食品の安全性を調べたり、野生動物の保護、動物園での飼育など幅広い分野で活躍。

獣医師になるには、大学の農学部・畜産学部で獣医学課程を修了した後に、獣医師試験に合格する必要があります。

その後、動物病院や畜産会社、医薬品メーカー、動物園や水族館などに就職して実務経験を積みます。動物病院を開業することも可能。

ただ、医師とは違い、免許を取得しても活かさない人も多いようです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>