助産師

助産師とは、妊婦の出産補助や赤ちゃんの保育指導を行う人です。

出産は妊婦、赤ちゃん共に大きなリスクを背負っているもの。

助産師は出産に関する高い知識と補助経験を持ち、妊婦が安全に出産できるように、赤ちゃんが無事に生まれてくるように、手助けをするのです。

へその緒切除、胎盤処理、母胎の衛生管理、赤ちゃんの看護など忙しく立ち振る舞います。

また、妊娠中は妊婦の健康管理を行い、出産後も母子の保健に関するアドバイスを行います。

助産師になるには国家資格が必要。看護婦の資格を得た人が助産師の養成機関を卒業後、助産師の国家試験を受験できます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>