サービス残業

サービス残業とは、会社の命令で残業代を貰わずに残業することです。

タイムカードを定時に押したり、勤務表を定時終了と記して、そのあと残業にとりかかります。

従業員は解雇や不利益を被ることになるので、さからうことはできません。

もちろん、法律違反です。近年は、長時間のサービス残業を継続して行わせ従業員を過労死させる事件も多々ありました。

また、巨額の未払い残業代の支払いを巡って訴訟も起こっています。

しかし、それらは氷山の一角。

弱い立場の従業員はサービス残業の強要には抵抗できませんから実態は闇の中です。

かりに労働基準監督署に申し出たとしても、証拠がなければ職員は耳を貸しません。

多くの従業員が声をあわせて行動するか、一定期間の証拠を集めた上で訴え出ることが大切です。