作業療法士

作業療法士とは、軽い手作業などの作業活動を通して、身体や脳・精神に障害を持つ人の機能を回復させいく人のことです。

手芸や園芸、ゲームなど機能回復に役立つリハビリプランを医師と相談しながら立て、実施していきます。

別名、OT(オキュペイショナルセラピスト)といいます。

作業療法士になるには、高校を卒業した後に国が指定する養成施設を卒業し、国家試験に合格しなければなりません。

病院やリハビリステーション、精神病院、老人ホーム、福祉センター、保健所、肢体不自由児施設などに就職します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>