三六(サブロク)協定

三六(サブロク)協定とは、労働基準法第36条で定められている労使協定のことです。

時間外・休日労働について書かれていて、会社が法定労働時間や法定休日を超えて就業させるのであれば必ずこの三六協定を労働者と結ばなければならないとされています。

また、会社の事業所(営業所・支店・工場など)ごとに締結する必要があります。

残業だけでなく、フレックスタイム制や変形労働時間制を採用する際にも、三六協定を締結しなければなりません。

複数の労働組合が存在するときは、労働者の過半数を超える人が所属する労働組合と締結すればよいとされています。