航空整備士

航空整備士は、飛行機体整備のスペシャリストです。

旅客機には、何万点もの部品と先端技術・ハイテク装備で構成されています。

しかも、空を飛ぶためのものがメイン。

万が一、この1つにでも故障・欠陥があれば、大事故に繋がる可能性をはらみます。

部品の磨耗や老朽化に欠損・欠落に常に目を配り、飛行機をベストな状態に保てるよう、点検や交換を実施。

そのチャックポイントやプロセスは何千にものぼりますが、根気良く丹念に取り組んでいきます。

航空整備士になるには、1等航空整備士、2等航空整備士、1等航空運行整備士、2等航空運行整備士などの資格が必要となります。