航空管制官

航空管制官とは、飛行機の航行を支援する専門職です。

フライトスケジュールとレーダーをみながら地上からの無線交信でパイロットに指示。

特に離着陸の際の管制は非常に重要でミスはゆるされません。

数分に1機の飛行機が往来する飛行場では、天候・滑走路や進入路の状況、そして時間を考慮しながら何人もの管制官が各機の運行をオペレーションしています。

成田などの狭い空港ではなおさら注意が必要です。刻々と変化する状況、突発的なトラブル、予定外の変更、そのような中で常に冷静で明確な判断力が要求されれる仕事です。

パイロットとの交信は英語なので英語力も必須。

航空管制官になるには、航空管制官採用試験か航空保安大学校学生採用試験に合格した人は航空保安大学校で基礎トレーニングを受け、その後、各地の空港に配属され実地で訓練を積み、航空管制官になります。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>