高校教員

高校教員とは、高等学校も教師。普通科・工業科・商業科などの教師として、高校生に授業で勉強を教えます。

クラスの担任として生徒人一人の習熟度をチェックしたり、課題の分析と弱点の克服を指導。

また、学校行事を通して協調性や物事を成すプロセスなどを教えます。

進路指導も大切な仕事で、生徒の将来や志向・興味をよく聞いてアドバイスしなければなりません。

高等学校教員になるには、大学の教職課程を経て、免許状を取得することが必要です

。公立高校の場合します。地方自治体の採用試験に合格し、採用されるのを待ちす。私立高校は学校が採用試験を行い採用する。