公認会計士

公認会計士とは、財務・会計の専門家。

企業は損益計算書や貸借対照表などの財務諸表に事業の結果をまとめます。

株主などの投資家や資金を貸し付けている債権者にとっては、この財務諸表で企業を判断することが欠かせません。

これが、不正なデータであれば、大きな損害をこうむることになりかねないため、公認会計士が財務・会計データをチェック。

これを会計監査といいます。

監査終了後、財務状態が正しく財務諸表に反映されていれば監査証明書を発行。正しくなければ指導を行います。

公認会計士になるためには、国家試験に合格しなければなりません。

合格すると会計士補となり、3年以上実務経験を積むと公認会計士に昇格します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>