国際会計基準

国際会計基準とは、企業会計の国際的標準基準のことで、国際会計基準審議会が作成しています。

目的は、各国ごとに異なる会計基準を統一することでグローバル企業への投資に役立てること。

アメリカの会計基準がベースとなっていて、この国際会計基準による財務諸表を公式資料として認める国は多く、事実上の国際標準になっています。

日本の会計基準にない時価会計などが導入されていて、当然、日本は追従する動き。

日本企業もこの会計基準の国際化を受けて、収益計上項目の見直しや財務・会計業務の改革が必要になってきています。

このカテゴリー他用語では以下のことも知ることができます。

その他用語
職務経歴書
ニート
採用
PET(ペット/ポジトロン・エミッション・トモグラフィー)
PET(ペット/ポリ・エチレン・テレフタレート)
NPO(エヌピーオー/ノン・プロフィット・オーガニゼーション)
LED(エルイーディー/ライト・エミッシング・ダイオード)
LCD(エルシーディー/リキッド・クリスタル・モニター)
JAS(ジャス/ジャパニース・アグリカルチュアル・スタンダード)法
GID(ジーアイディー/ジェンダー・アイデンティティー・デイスオーダー)
FTA(エフティーエー/フリー・トレード・アグリメント)
遺伝子治療
延長保育
過労死
確定申告
金融機関
コンピテンシー
国連本部インターンシップ・プログラム
国際会計基準
コアコンピタンス
コーチング
サーファー
人事異動
人事
人材バンク
ジャスダック
自己資本
ジェンダー
シンクタンク
職業訓練
消費生活アドバイザー
生涯学習
春闘
出向
就労ビザ
就職浪人
就職活動
指定管理者制度
市場化テスト
資格商法
シーズ
スカウト
専業主婦
セクシャルハラスメント
ADR(エーディーアール/オルタナティブ・ディスピュート・リソリューション)
COE(シーオーイー/センター・オブ・エクセレンス)
知事・市区町村長
地域子育て支援センター
トレーダー
東証マザーズ
東証
ナノテクノロジー
ナスダック
ねずみ講
バイオメトリクス
プライベートエクイティ
ブルーレイディスク
ブリーダー
フリーランス
不動産投資信託
副業
ファミリーサポートセンター
ヘラクレス
ボランティア
保証人
法人
マルチ商法
民生委員
メセナ
ライフプラン
リコール
リクナビNEXT
連帯保証人

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>