国連職員競争試験

国連職員競争試験とは、国連事務局が正規職員を採用する際に行なう試験のことです。

P1・P2・P3の3つのレベルがあり、主に行なわれているのはP1とP2。

Pはプロフェッショナルの頭文字です。

主な条件は32歳以下で、学士号以上の学位と英語またはフランス語で業務が行なえること。

実際は修士号以上でなければ難しいようです。

日本では、外務省国際機関人事センターが窓口となり採用試験を実施。

国連と外務省のWEBサイトで広報され、国連競争試験WEBサイトに英文で募集要項が掲載されています。

試験の内容は筆記試験・面接・プレゼンテーション。

日本人の国連職員は他国に比べ相対的に少ないため、国連も積極的に日本人を登用しようとしているようです。

このカテゴリー・スキルアップでは以下のことも知ることができます。

資格・スキルアップ
TQE(ティーキューイー/トランスレータ・クオリファイイング・エグザミネーション)
TOEIC(トーイック/ザ・テスト・オブ・イングリッシュ・フォー・インターナショナル・コミュニケーション)
TOEFL(トフル/テスト・オブ・イングリッシュ・アズ・ア・フォーリン・ランゲージ)
PhD(ピーエイチディー/ドクター・オブ・フィロソフィー)
MBA(エムビーエー/マスター・オブ・ビジネス・アドミニストレーション)
ICEE(アイシー/インターカルチャー・イングリッシュ・エクスチェンジ)検定試験
GPA(ジーピーエー/グレード・ポイント・アベレージ)
GMAT(ジーエムエーティー/グラデュエーション・マネジメント・アドミッション・テスト)
インターンシップ
漢語水平考試
ケンブリッジ英語検定試験
国家試験
国連職員競争試験
国連英検
国際連合公用語・英語検定試験
国際英検G-TELPG
スキル
ACT(エーシーティー/アメリカン・カレッジ・テスト)
BS(ビーエス/ビジネススクール)
中国語コミュニケーション能力検定
中国語検定試験
通訳技能検定
通訳ガイド国家試験
通訳案内業試験
日本語教育能力検定試験
ピットマン英検
ビジネススクール
ボランティア通訳検定
翻訳技能認定試験
ヤング・プロフェッショナル・プログラム
旅行業英語検定
ロースクール
ロールプレイング
ワークショップ

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>