コピーライター

コピーライターとは、広告の文章(コピー)を書く人。

テレビ・ラジオ・新聞・雑誌といったマスメディアの商品広告・企業広告、カタログ・パンフレットなどのセールスプロモーション広告、あるいは情報誌・WEBサイトの求人広告などがあります。

分野ごと、広告主の業種や製品ごとに、得意分野があり、例えばマス広告のコピーライターが求人広告のコピーを書くことはありません。

ライターと違い、コピーライターは対象の商品が売れるにはどうすればよいかを考えて、商品の購買ターゲットに向けて購買意欲を刺激する文章を創作。

プランナー、ディレクイター、デザイナー、フォトグラファー、イラストレータなど多くの人と協力しながら広告を創り上げます。

コピーライターになるには、広告代理店の制作部門や制作プロダクション、情報誌出版社などに入社して、実務経験を積みます。

その後はフリーとして活躍することも可能。

クリエイター専門学校やコピーライター養成スクールなどでノウハウを学ぶこともできます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>