雇用主指名ビザ

雇用主指名ビザとは、採用の難しい特殊な技能を持った労働者を海外から確保するために発給されるビザのことで、オーストラリアの制度です。

オーストラリアには、雇用主指名制度(ENS:エンプロイヤー・ノミネーション・スキーム)というものがあり、ある労働者が特殊な技能を持っていると認められた場合、その雇用主が労働者本人とその家族の生活を保障するスポンサーとなることでビザが発給される仕組みを設けています。

発給の条件は、45歳未満で学位や資格などを保有していて、同じ職種で6年以上の経験があること。

スポンサー企業の経営能力も審査の対象になります。

ITエンジニアなどが利用するケースが多いようです。

内容によって何種類かの分類(サブクラス)があり、最も一般的なものがサブクラス121と呼ばれていて、ビザの申請時・発行時に申請人がオーストラリア国外にいることが必要。