雇用保険被保険者証

雇用保険被保険者証とは、労働者が雇用保険に加入していることを証明するもの。

労働者が会社を退職して次の仕事に就く間、一定の要件を満たしていれば手続きのうえ雇用保険を受けとることができます。

会社に常時雇用されると発行されますが、在職中は会社側が保管。

会社を辞める際に受け取り、次の会社に提出します。

雇用保険被保険者証は、1人の労働者に対して1通だけ発行されますが、転職をした際に転職先の企業に提出しないと、再度保険証が発行されることがあり、その場合は2通の保険証を併合する手続きが必要となります。

その手続きを怠った場合、雇用保険が支払われないこともあるので注意しなければなりません。