フレックスタイム制

フレックスタイム制とは、1カ月以内の一定の期間(清算期間といいます)の総労働時間を定めておき、労働者がその範囲内で各日の始業および終業の時刻を自由に決めて働くことを可能にする制度です。

労働者ひとりひとりが、自分の仕事のスケジュールに合わせて働くことができたり、交通ラッシュを避けて通勤できるなどのメリットがあります。

会社には、時間外労働が減ることで割増賃金のコストが削減が可能です。

IT技術者やクリエイティブ系の職種、営業職など、決まった就業時間内での仕事が困難なことが多い職種に採用されます。

必ず労働しなければならない時間帯(コアタイム)を定めるのが一般的ですが、中には、コアタイムを定めない完全フレックスタイム制をとっている会社もあります。