臨床検査技師

臨床検査技師とは、様々な検査で患者の身体状態・病状のデータを収集し、医師の診断・治療をサポートする人。

医師が行う問診や触診、外見上の観察だけでは、患者の状態を正しく判断することはできません。

そこで、臨床検査技師が医師の指示する検査を行い、数多くのデータを集めるわけです。

検査には、脳波や心電図、エコー検査などの生体検査、血液や細胞を遠心分離機などを使って調べる検体検査があり、臨床検査技師は機器や薬剤の操作・知識に長けている必要があります。

臨床検査技師になるには、臨床検査技師養成課程のある大学・専門学校を卒業後、臨床検査技師試験に合格した後、病院や検査センターで実務に就きます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>