臨床工学技士

臨床工学技士とは、様々な医療機器で医師の治療・施術業務をサポートする人です。

具体的には、心臓ペースメーカー、人工心肺、人工透析機、手術用顕微鏡システム、レーザー手術システム、画像診断システムなど様々な機器の使用に際して、患者への取り付け・取り外し、オペレーション、メンテナンスなどを行います。

特に近年は、テクノロジーの発展による医療機器の高度化・IT化が進んでおり、このような専門職の役割が非常に重要となりました。

臨床工学技士になるには、国が指定する学校を卒業し、国家試験に合格した後、医療機関で実務経験を積みます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>