変形労働時間制

変形労働時間制とは、業務の忙しさや特徴・特殊性に応じて、所定の労働時間を傾斜的に配分したもので、繁忙期の所定労働時間を長くする代わりに、閑散期の所定労働時間を短くするといったようなことができます。

また、忙しいと分かっている週についてあらかじめ所定時間を長く定めておくということは、払わなければならない時間外手当を減らすことができ、事業者にとってはメリットです。

一年単位の変形労働時間制、1カ月単位の変形労働時間制、1週間単位の変形労働時間制、フレックスタイム制の4制度が認められています。