有効求人倍率

有効求人倍率とは、就職のしやすさ・人材採用のしやすさを判断するデーターで、職業安定所(ハローワーク)に登録されている有効求人数を有効求職者数で割った数値のことをいいます。

有効求人倍率は、完全失業率と並んで日本の雇用環境を示すために主として使われる雇用統計です。

有効求人倍率が1以上の場合、求職数に対して求人件数が多いことを指しますが、だからといって失業率がゼロになることはありません。

実際は、人気のない仕事に求職者は集まりませんし、求人する側も誰でもいいので採用するというわけではないからです。

ただし、この「有効」とは、職業安定所に登録された翌々月末までを「有効」とするため、求人・求職ともにスパンが半年以上にわたる「学校新卒者雇用」に関してはこの統計であらわすことができせません。