薬剤師

薬剤師とは、医療用薬品や市販薬品の専門家です。

薬剤の成分、効果、使用法など詳細知識に長け、患者や客にアドバイスをおこない、傷病の回復を手助けをします。

例えば、医療機関では医師の処方に基づき薬剤師が薬を用意し、患者に渡しますが、その際は薬の説明を行うとともに使用法の指導を行っています。

慢性疾患の薬の場合は、使用感・効き目・体調などもヒヤリング。

また、医薬品技術は日々進化し、製品情報も頻繁に更新されるため、勉強が欠かせません。

時には医師の処方ミスを修正することもあります

研究所などで薬品の開発を行なう薬剤師もいます。

薬剤師になるには大学で薬学系統を学び、国家試験である薬剤師資格に合格することが必須。

その後、製薬メーカーや病院、薬局、研究機関で実務経験を積みます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>