ホームヘルパー

ホームヘルパーとは、高齢者や障害者の日常生活を肉体的、精神的にサポートする人のことです。

仕事内容は大きく二分でき、身体介護と生活援助があります。

身体介護は、食事の介助、歩行・排泄・入浴などの介助といった直接身体に触れるものです。

生活援とは、掃除、洗濯、調理、買い物といった日常生活をサポートする内容です。

重度の介護が必要な高齢者は老人ホームなどで介護を受けていましたが、在宅介護をのぞむ人も多く、在宅介護事業などを行なう事業者が増えてきたため、在宅での介護も増えてきました。

そういったサービスはホームヘルパーの手で行なわれています。

就業時間が不規則であることが多いようです。

ホームヘルパーになるには、養成所で研修を終え、1級から3級まであるホームヘルパーの資格を取得する必要があり、その後、民間の訪問介護事業者や各地域の社会福祉協議会で就職します。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>