保育士

保育士とは、子どもの健やかな育成をサポートする職業です。

法律上の定義では、「登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」とされています。

共働きの家庭が多く見られる現代では、幼い子どもの面倒を見てもらいたいというニーズが高く、保育士はそうした保護者の子育てをサポートするために、保育所で子どもを預かります。

また子どもにとっても、幼いころから集団生活を経験することは、社会性が養われるというメリットがあります。

保護者の勤務形態の多様化に伴い、保育所の開所時間も長くなっています。

保育士になるには、国の指定する保育士養成学校を卒業するか、保育士試験に合格する必要があり、資格取得後、保育所や乳児施設に就職します。