保育士登録制度

保育士登録制度とは、保育士であることを証明するために都道府県知事の発行する「保育士証」をもらわなければならない制度のことを言います。

「児童福祉法の一部を改正する法律」が平成15年11月29日に施行され、それにともなってこの制度が導入されました。

その法改正は、保育士の資格が詐称され、社会的信用が損なわれたことがあったことからなされ、保育士を児童福祉施設の任用資格から、名称独占資格に改め、守秘義務や登録に関する規定が定められました。

これまでは、政令に定められていた資格だったことから、保育士を名乗っても罰則規定はありませんでした。

保育士とは「登録を受け、保育士の名称を用いて、専門的知識及び技術をもって、児童の保育及び児童の保護者に対する保育に関する指導を行うことを業とする者」と定義されています。