放射線取扱主任者

放射線取扱主任者とは、放射性同位元素あるいは放射線発生装置を取扱う場合に、放射線障害の防止について監督を行う人のことをいいます。

放射線の危険性は広く知られていますが、同時にレントゲン撮影や微細な測定技術などに応用されていて社会には欠かせない存在です。

放射線関連の技術を身に付け、精密機器メーカーや病院などの放射線設備を支えるのが放射線取扱主任者の仕事になります。

放射線利用機器技術者は、大学などで放射線に関連した学問を学んだり、放射線を使った機器を開発するメーカーに就職してなることが多いようです。