保健師

保健師とは、市民に医療情報を伝え、病気にならないように手助けをする仕事です。

法律上の定義は、厚生大臣の免許を受けて、保健師の名称を用いて保健指導に従事することを業とする者とされています。

保健所は日本の衛生環境の整備・向上に貢献し、健康チェックや医療情報の伝達、意識向上を促すなどして地域社会そのものの健康をサポートしてきました。

保健師はそうした地域の保健指導や、市民からの健康に関する相談に乗っています。

保健師になるには、看護大学か看護師養成所と保健師養成所を卒業し、保健師の試験に合格しなければなりません。

また看護師資格を持つ人が、国が定めた学校で必要な学科を修了すると受験資格が得られます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>