翻訳技能認定試験

翻訳技能認定試験とは、英語と日本語、中国語と日本語間の翻訳力を評価する試験のことです。

「翻訳技能審査試験」というものがもともとあったのですが、行政改革にともなって公的資格が廃止されたことを受け、平成15年度より、「翻訳技能認定試験」という名前でより実践的な内容の試験として再び行われるようになった試験です。

翻訳技能認定試験(通称、翻訳検定)は、「英訳・和訳」もしくは「中訳・和訳」で行なわれ、専門分野によって4つの分野が設定されています。

A部門は文化、芸術、スポーツで、B部門は法律、政治、経済、C部門は工学、化学、科学、D部門は医学、薬学、バイオとなっています。

試験は1級〜4級そして基礎級に分かれていて、部門別技能試験の成績によって級の合格基準が定められていて、社団法人日本翻訳協会が主催しています。

このカテゴリー・スキルアップでは以下のことも知ることができます。

資格・スキルアップ
TQE(ティーキューイー/トランスレータ・クオリファイイング・エグザミネーション)
TOEIC(トーイック/ザ・テスト・オブ・イングリッシュ・フォー・インターナショナル・コミュニケーション)
TOEFL(トフル/テスト・オブ・イングリッシュ・アズ・ア・フォーリン・ランゲージ)
PhD(ピーエイチディー/ドクター・オブ・フィロソフィー)
MBA(エムビーエー/マスター・オブ・ビジネス・アドミニストレーション)
ICEE(アイシー/インターカルチャー・イングリッシュ・エクスチェンジ)検定試験
GPA(ジーピーエー/グレード・ポイント・アベレージ)
GMAT(ジーエムエーティー/グラデュエーション・マネジメント・アドミッション・テスト)
インターンシップ
漢語水平考試
ケンブリッジ英語検定試験
国家試験
国連職員競争試験
国連英検
国際連合公用語・英語検定試験
国際英検G-TELPG
スキル
ACT(エーシーティー/アメリカン・カレッジ・テスト)
BS(ビーエス/ビジネススクール)
中国語コミュニケーション能力検定
中国語検定試験
通訳技能検定
通訳ガイド国家試験
通訳案内業試験
日本語教育能力検定試験
ピットマン英検
ビジネススクール
ボランティア通訳検定
翻訳技能認定試験
ヤング・プロフェッショナル・プログラム
旅行業英語検定
ロースクール
ロールプレイング
ワークショップ

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>