翻訳者

翻訳者とは、外国語で書かれたものを日本語に訳し、また反対に日本語で書かれたものを外国語に訳すという仕事です。

海外で生まれる優れた作品など、本来日本語で書かれていない本を日常的に手にとることができるのは、翻訳者という存在があるからです。

翻訳者は最低でも2つ以上の言語に精通しており、文章を的確かつ文学性なども考慮しつつ翻訳して表現する文章力が問われます。

また、日本語の文章を外国語に訳することで、日本文化を外国に伝えるという国際交流に呼応権する仕事ででもあります。

ビジネスで使われる文章や、技術関連の文章の場合、日常単語ではないものが多用されるため、その専門分野に対する知識を持っていることが望ましいと考えられます。

翻訳者になるには、特に資格などは必要なく、翻訳者としての語学力・文章力などが要求されます。

大学で外国文学を学んだり、専門学校で翻訳者としてのトレーニングを積む人が多いようです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>