401k(ヨンマルイチケー)

401k(ヨンマルイチケー)とは、確定拠出型年金制度のことです。

年金の給付額が固定されている確定給付型年金に対して、毎月一定額の掛け金を拠出して運用益によって将来受け取る給付金額が変動する仕組みの年金です。

アメリカの内国歳入法第401条a項で定められ、さらにk項の用件を満たすことから、401kと呼ばれています。

日本でも企業年金の破綻問題をきっかけに、日本版401kが導入されました。

会社員対象の「企業型」と、自営業者対象の「個人型」があります。前者は企業が拠出金を負担し、後者は個人負担で国民年金の加入が条件です。

拠出金が課税控除される点などはメリットですが、拠出額の上限設定などに課題があるとされます。