4G(ヨンジー)

4G(ヨンジー)とは、携帯電話の通信規格のことで、現在の最上位規格である3G(第3世代)方式の次に導入される第4世代規格のこと。

Gはジェネレーションの頭文字です。3G方式携帯電話は、auが採用した音楽・映像コンテンツに強いCDMA 1X WINとNTTドコモが中心となっているテレビ電話でお馴染みのFOMAがあります。

CDMA 1X WINの通信速度は、上り(受信)速度で最大2.4Mbpsですが、第4世代(4G)では50〜100Mbpsが実現されるということです。

また、公衆無線LANシステムとの相互利用や、UIMカード(携帯電話機に差し込んで使用者の識別を行うICカード)の採用などが実施される予定で、固定電話番号制への移行や国際ローミングの本格化が目指されます。

3Gと4Gの中間に位置する3.5Gという規格もありますが、これは3Gのバージョンアップ版です。

このカテゴリーでは以下のことも知ることができます。

IT用語
技術移転機関
USB(ユーエスビー/ユニバーサル・シリアル・バス)
SFA(エスエフエー/セールス・フォース・オートメーション)
QR(キューアール/クイック・レスポンス)コード
PBX(ピービーエックス/プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)
Java(ジャバ)
IP(アイピー/インターネットプロトコル)電話
IPV6(アイピーブイロク)
IDC(アイディーシー/インターネット・データ・センター)
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)タグ
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)カード
GDI(ジーディーアイ/グラフィック・デバイス・インターフェイス)
FTTH(エフティーティーエイチ/ファイバー・ツー・ザ・ホーム)
eラーニング(イーラーニング)
ERP(イーアールピー/エンタープライズ・リソース・プランニング)
EC(イーシー/エレクトリックコマース)
e-Japan(イージャパン)戦略
DRM(ディーアールエム/デジタル・ライツ・マネジメント)
DCF(ディーシーエフ/デザインルール・フォー・カメラファイルシステム)
4G(ヨンジー)
2次元コード
アルゴリズム
オンライントレーダー
オンラインゲーム
オープンソース
クライアント
ソリューション
ASP(エーエスピー/アプリケーション・サービス・プロバイダー)
BBS(ビービーエス/ブリテン・ボード・システム)
CTI(シーティーアイ/コンピュータ・テレフォニー・インテグレーション)
CMS(シーエムエス/コンテンツ・マネジメント・システム)
チェッカー
電子マネー
電子認証
電子決済
ネット銀行
ハッカー
プロクシサーバー
ブログ
ブロードバンド
ブルートゥース
フローチャート
フォーマット
ファイアーウォール
ベンダー
ポータルサイト
ホットスポット
無線LAN
ユビキタス
ユーザー
リナックス
リッチクライアント

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>