DRM(ディーアールエム/デジタル・ライツ・マネジメント)

DRM(ディーアールエム/デジタル・ライツ・マネジメント)とは、デジタルデータの著作権を守るための技術のことです。

音声や映像ファイルに施されるコピー制限機能が一般的ですが、画像ファイルにも「電子透かし」というDRMを使います。

デジタルデータは複製による品質劣化がなく、パソコンなどで複製したり、インターネットを通じて送受信が可能なため著作権者の利益を守るためにDRMが生まれました。

近年はファイル交換ソフトなどの登場もあって、誰でも大量広範囲に音楽・映画・写真などを頒布することが容易にできるようになったため、DRMの技術は高まり、その導入もいきわたってきました。

ただ、過剰なDRM技術の実装はユーザーの私的な複製なども不可能にしてしまうため利便性が損なわれる問題も指摘されています。

ある種のDRM技術は音や画像のクオリティーを落とすため、著作権者が利用を敬遠するケースもあるようです。

このカテゴリーでは以下のことも知ることができます。

IT用語
技術移転機関
USB(ユーエスビー/ユニバーサル・シリアル・バス)
SFA(エスエフエー/セールス・フォース・オートメーション)
QR(キューアール/クイック・レスポンス)コード
PBX(ピービーエックス/プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)
Java(ジャバ)
IP(アイピー/インターネットプロトコル)電話
IPV6(アイピーブイロク)
IDC(アイディーシー/インターネット・データ・センター)
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)タグ
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)カード
GDI(ジーディーアイ/グラフィック・デバイス・インターフェイス)
FTTH(エフティーティーエイチ/ファイバー・ツー・ザ・ホーム)
eラーニング(イーラーニング)
ERP(イーアールピー/エンタープライズ・リソース・プランニング)
EC(イーシー/エレクトリックコマース)
e-Japan(イージャパン)戦略
DRM(ディーアールエム/デジタル・ライツ・マネジメント)
DCF(ディーシーエフ/デザインルール・フォー・カメラファイルシステム)
4G(ヨンジー)
2次元コード
アルゴリズム
オンライントレーダー
オンラインゲーム
オープンソース
クライアント
ソリューション
ASP(エーエスピー/アプリケーション・サービス・プロバイダー)
BBS(ビービーエス/ブリテン・ボード・システム)
CTI(シーティーアイ/コンピュータ・テレフォニー・インテグレーション)
CMS(シーエムエス/コンテンツ・マネジメント・システム)
チェッカー
電子マネー
電子認証
電子決済
ネット銀行
ハッカー
プロクシサーバー
ブログ
ブロードバンド
ブルートゥース
フローチャート
フォーマット
ファイアーウォール
ベンダー
ポータルサイト
ホットスポット
無線LAN
ユビキタス
ユーザー
リナックス
リッチクライアント

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>