DTP(ディーティーピー)オペレーター

DTP(ディーティーピー)オペレーターとは、クリエイターが作った原稿をコンピュータで再現し、印刷できるデジタルデータに加工する人。

DTPとはデスクトップパブリッシングの略で、パソコンを使って紙面のデザインやレイアウトをすることです。

それを可能にするソフトウエアをDTPソフトといい、印刷まで行う仕組みをDTPシステムといいます。

かつては紙で原稿を作り、写植、製版の工程を経て印刷されていましたが、IT技術の発展によってすべてパソコンやシステムで処理できるようになり、コスト削減や効率向上がなされています。

DTPオペレーターは、DTPソフト・システムを熟知し、編集者やクリエイターの指示を理解できるクリエイティブ力や印刷の知識が必要です。

DTPオペレーターになるには、それらを学び、制作会社や印刷会社・編集プロダクション・出版社などで経験を積んでください。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>