EAP(イーエーピー/エンプロイヤー・アシスタンス・プログラム)

EAP(イーエーピー/エンプロイヤー・アシスタンス・プログラム)とは、「社員援助プログラム」のこと。

労働者に対して心理的・物理的な支援・指導を行なう制度です。

もともとは、アメリカの保険会社が設置した、労働者のアルコール依存やドラッグ依存症などの問題への対応システムで、専門カウンセラーが問題解決にあたることからスタートしました。

1970年代からは企業そのような問題に対応することが法的に義務付けられるようになり、予防・治療・起因解決などのプログラムも発展。

また、元来はブルーカラーそれも危険が伴う職業を対象としていましたが、ホワイトカラーにも対象はひろがり、現在は仕事や家庭の問題によるストレスや鬱の解消などメンタルヘルスケアの役割も果たしています。