e-Japan(イージャパン)戦略

e-Japan(イージャパン)戦略とは、2000年に内閣が掲げた、全ての国民が情報通信技術を活用できる日本型IT社会を実現するための構想を基に、内閣に設置された「高度情報通信ネットワーク社会推進戦略本部(IT戦略本部)」がまとめた、日本の情報通信戦略のことです。

e-Japan戦略が決定されたのは2001年で、当時の日本は世界的にみて情報通信インフラの整備は遅れていました。

非効率で通信料なども高い環境だったのです。

目標・施策の具体的な例は、規制緩和による民間企業の競争。

それにより、2005年までに米国水準を上回るIT技術者の確保・育成強化、および超高速アクセスが可能なインターネット網を整備する、という目標がクリアされました。

また、2001年以降、戦略は発展。

2003年に「e-Japan戦略U」が、2004年に「e-Japan重点計画−2004」が制定され、目標クリアに向けて様々な施策がなされたのです。

このカテゴリーでは以下のことも知ることができます。

IT用語
技術移転機関
USB(ユーエスビー/ユニバーサル・シリアル・バス)
SFA(エスエフエー/セールス・フォース・オートメーション)
QR(キューアール/クイック・レスポンス)コード
PBX(ピービーエックス/プライベート・ブランチ・エクスチェンジャー)
Java(ジャバ)
IP(アイピー/インターネットプロトコル)電話
IPV6(アイピーブイロク)
IDC(アイディーシー/インターネット・データ・センター)
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)タグ
IC(アイシー/インテグレーティッド・サーキット)カード
GDI(ジーディーアイ/グラフィック・デバイス・インターフェイス)
FTTH(エフティーティーエイチ/ファイバー・ツー・ザ・ホーム)
eラーニング(イーラーニング)
ERP(イーアールピー/エンタープライズ・リソース・プランニング)
EC(イーシー/エレクトリックコマース)
e-Japan(イージャパン)戦略
DRM(ディーアールエム/デジタル・ライツ・マネジメント)
DCF(ディーシーエフ/デザインルール・フォー・カメラファイルシステム)
4G(ヨンジー)
2次元コード
アルゴリズム
オンライントレーダー
オンラインゲーム
オープンソース
クライアント
ソリューション
ASP(エーエスピー/アプリケーション・サービス・プロバイダー)
BBS(ビービーエス/ブリテン・ボード・システム)
CTI(シーティーアイ/コンピュータ・テレフォニー・インテグレーション)
CMS(シーエムエス/コンテンツ・マネジメント・システム)
チェッカー
電子マネー
電子認証
電子決済
ネット銀行
ハッカー
プロクシサーバー
ブログ
ブロードバンド
ブルートゥース
フローチャート
フォーマット
ファイアーウォール
ベンダー
ポータルサイト
ホットスポット
無線LAN
ユビキタス
ユーザー
リナックス
リッチクライアント

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>