MR(エムアール/メディカル・リプレゼンタティブ)

MR(エムアール/メディカル・リプレゼンタティブ)とは、医薬品メーカーの医薬情報担当者のことです。

医師に医薬品情報を伝え、使用してもらう、つまり買ってもらうように働きかける営業職。

ただ、その他の企業の営業職に比べると究めて専門性が高く、薬品を医療機関に販売するのは卸し業者であるため、情報提供者の色合いが強いといえます。

その情報量の多さもあり担当は薬品・適応医療科目によって細分化され、様々な臨床データ、用法・用量、副作用などの情報を提供します。

また、それらのデーターは更新されていくため、随時情報提供が必要となります。

MRになるには、まず医薬品メーカーにMR職として採用された後、MR認定資格を取得。

大学の薬学部出身者はもちろん、他業種で営業職を経験した人が採用されることが多いです。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>