PDCA(ピーディーシーエー)サイクル

PDCA(ピーディーシーエー)サイクルとは、「計画・実行・検証・改善」を繰り返す継続的な行動・活動のことです。

Plan=計画、Do=実行、Check=検証、Action=改善の頭文字を取ってPDCAと呼ばれます。

例えば企業の予算制度もPDCAサイクル。

まず企業の年間予算を策定(Plan)、ある一定期間(大抵は決算期/1年・四半期など)の営業活動(Do)、実績数値と予算を比較して差額原因を分析(Check)。

差額の発生原因を改善(Action)し営業活動を続ける。

そしてまた年間予算の策定、というサイクルで進みます。

ビジネスや研究活動など多岐にわたる場面で活用され、学習効果をあげるためにもPDCAサイクルを適用することができます。

業務分析を行なう際に使われる考え方で、PDCAサイクルに似たPADSC区分というものもあり、うちわけはPlan =計画、Arrange =改善、Do =実施、See =状況把握、Control =管理、となります。

このカテゴリーネス用語では以下のことも知ることができます。

ビジネス用語
株式公開買付
IAS(アイエーエス/ インターナショナル・アカウンティング・スタンダード)
DI(ディーアイ/ディフュージョン・インデックス)
景気動向指数
TLO(ティーエルオー/テクノロジー・ライセンシング・オーガニゼーション)
SWOT(エスダブリュオーティー)分析
SPA(エスピーエー/スペシャリティー・ストア・リテーラー・オブ・プライベーター・ラベル・アパレル)
PTS(ピーティーエス/プロプリタリー・トレーディング・システム)
PPP(ピーピーピー/パブリック・プライベート・パートナーシップ)
PFI(ピーエフアイ/プライベート・ファイナンス・イニシアティブ)
PER(ピーイーアール/プライス・アーニング・レシオ)
PDCA(ピーディーシーエー)サイクル
PBR(ピービーアール/プライス・ブック・バリュー・レシオ)
MMF(エムエムエフ/マネー・マネジメント・ファンド)
KJ(ケイジェイ/カワキタジロウ/川喜田二郎)法
JIT(ジェイアイティー/ジャスト・イン・タイム)
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)14001
ISO(アイエスオー/インターナショナル・オーガニゼーション・フォー・スタンダーディゼーション)
FSP(エフエスピー/フリークエント・ショッパーズ・プログラム)
ETF(イーティーエフ/エクスチェンジ・トレード・ファンズ)
DCF(ディーシーエフ/ディスカウント・キャッシュ・フロー)
4P(ヨンピー)
3PL(スリーピーエル/サード・パーティー・ロジスティクス)
アライアンス
アフィリエイト
悪徳商法
アイコンタクト
インサイダー取引
インキュベーター
エンパワーメント
エンジェル
外食産業
格付け
会社四季報
キャリアアンカー
キャリア
グループウェア
サンプリング
サラリーマン
サイドビジネス
再生ファンド
サービサー
辞表
証券仲介業
セル生産方式
BSI(ビーエスアイ/ビジネス・サーベイ・インデックス)
BRICs(ブリックス)
B2C(ビートゥーシー)
B2B(ビートゥービー)
CS(シーエス/カスタマー・サティスファクション)
CRM(シーアールエム/カスタマー・リレーションシップ・マネジメント)
ディスクロージャー
データマイニング
トレーサビリティー
ヒューマンスキル
プロダクト
プレゼンテーション
ペイオフ
ヘッドハンター
ホウレンソウ
モチベーション
リスクマネジメント
ロジカルシンキング
ワークシェアリング
ワンストップサービス

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>