ケースワーカー

ケースワーカーとは、病気や怪我などが原因で身体的・経済的に生活が困難な人たちを、支援する人です。

地域にある福祉事務所が相談を受け付け、ケースワーカーが状況を改善するために行政各所に働きかけ、様々な救済措置の利用を本人にアドバイスしたり、役所などへの手続きをサポートします。

また、その後の自立に向けた支援も行います。

ケースワーカーになるには、社会福祉主事という資格が必要で、国が指定する社会福祉を学ぶ学科を卒業することで資格を取得するか、実務経験を積みながら国が指定する講習会を受講して資格を取得します。

社会福祉事務所で働くには、地方公務員として採用されなければなりません。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>