警察官

警察官は、人々の安全を守る公務員です。

公けに奉仕する者として与えられた法律上の権限と義務を基に、個人の生命、身体、財産の保護に任じ、公共の安全と秩序の維持に勤めます。

例えば、地域の安全を守る交番勤務の警察官、白バイ・パトカーなどで交通安全を守る交通機動隊、殺人や強盗などの重大犯罪を操作する刑事、麻薬捜査の専門家である麻薬Gメン、みな様々な役割で社会を守っています。

警察官になるには、各都道府県ごとに実施される、T類(21歳以上30歳未満で大学卒業程度)・U類(19歳以上30歳未満で短大卒業程度)・V類(17歳以上30歳未満で高校卒業程度)に分類された試験を受けなければなりません。

合格すると採用候補者名簿に登録された、採用が認められた場合に警察学校に入校し、警察官として活動するための多岐にわたる知識・技術・法律などを学びます。

そして卒業後、警察官として配属され、その後は昇進試験や刑事などの特別な仕事に就く場合の試験があります。

また、一般の警察官は地方公務員であり、警視庁に勤めるには国家公務員になるための国家T種試験の合格が必要です。