建築施工管理技士

建築施工管理技士とは、施工計画を作成し、建築大工、左官、ガラス工、屋根など様々な専門分野の職人を指揮・監督し、建築物を作り上げる人。

平たく言えば、現場監督のことです。

建築現場の人・物・金をマネジメントし、工期や品質、安全を管理していくわけで、実際の作業には関わりません。

あくまでも管理のプロです。

また、土木や電気、管工事の各施工管理技士との情報共有やコミュニケーションも必要。

建設業法で建築現場に建築施工管理技士を設置するよう義務付けられていますが、選任である必要はなく、1人の建築施工管理技士が複数の現場を担当するのが一般的です。

建築施工管理技士の資格を取得するには、国家試験で合格しんなければいけません。受験には現場で施工管理の実務経験が求められます。