建築物環境衛生管理技術者

建築物環境衛生管理技術者とは、環境衛生上適性に建築物の維持管理がなされているか、監督する人のことです。

ビル管理技術者ともいわれます。

建築物衛生法では、用途と延べ床面積によって定められる特定の建築物の所有者などに対し、利用者の健康を守るために建築物の維持管理を監督する建築物環境衛生管理技術者を置かなくてはならないと定めています。

原則として建物ごとの選任で、現在日本には90000人近い建築物環境衛生管理技術者が活躍しています。

この仕事に就くには国家資格が必要です。

映画館・デパート・博物館・式場・店舗゚・学校・ホテルなど特定の建築物において、空調・給排水・ボイラー・電気設備・清掃廃棄物処理・害虫防除など環境衛生業務の2年以上の経験者に受験資格が与えられます。