ゲームデザイナー

ゲームデザイナーは、面白いゲームを作る人。それに尽きる。 ゲーム専用のハードウェアやパソコンでゲームを楽しむ人が多い。最近では携帯電話などでもゲームが提供されている。こうしたゲームを発想し、企画を作るのがゲームデザイナーだ。ゲームは愛好者も多く、今まで多種多様なゲームが登場しているため、その発想を超えるユニークな構想力が必要とされる。 ゲームデザイナーになるには、特に資格などは必要ない。ゲーム制作会社などに就職して、ゲーム作りの経験を積む。最初は、プログラマーやCGデザイナーとして経験を積み、企画に関わるようになってゲーム全体のデザインを任される。