ゲームプログラマー

ゲームプログラマーとは、ビデオゲームを作る人。

ゲームセンターのアーケードゲームも、家庭用ゲームも、ネットワークゲームも、すべてビデオゲームです。

ゲームの制作は様々なクリエイターが関わっています。

例えば、ゲームデザイナーがゲームの構想やルールを作り、シナリオライターが物語やシーンをつくり、キャラクターデザイナーやメカデザイナーなどが登場する様々な人・物をつくり、CGデザイナーや映像作家がムービーをつくります。

そしてそれらをコンピュータで表現し、動かすためのプログラムを組んでいくのがゲームプログラマーなのです。

ゲームプログラマーになるには、大学や専門学校などでゲームプログラミングを学び、ゲーム制作会社に就職。

その後も経験を重ねながら、新しい技術やノウハウを常に学びながら成長していかなければいけません。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>