言語聴覚士

言語聴覚士とは、言語・聴覚・発声発音・認知などの先天的・後天的障害によって、言葉によるコミュニケーションに問題のある方を専門的にサポートする人。

患者個々の障害の原因・メカニズムを明らかにし、治療法をみつけるための検査を行い、トレーニング・指導・アドバイスなどをします。

病院やリハビリセンターなどに勤務し、各専門医師や心理関連の専門職、福祉関連の専門職と一緒に、チームの一員として、患者の治療に従事。

高度な専門知識・技術はもちろんのこと、コミュニケーションが困難な患者の気持ちを理解し、意思を汲み取りながら、サポートにあたることが大切です。

言語聴覚士になるには、国家資格を取得しなければなりません。

受験するには、文部科学省が指定する言語聴覚士課程のある大学(4年制)・短大(3年制)の卒業、または厚生労働省が指定する言語聴覚士養成所(3〜4年制)の卒業、通常の大学(4年制)の場合はさらに2年制の専修学校の卒業が必須。

また、通常の大学(4年制)でも厚生労働省が指定する科目を修めた人は、書類審査を得て受験資格が与えられます。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>