グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは、色、デザイン、写真、イラスト、文字などを組み合わせて、ポスターや雑誌の誌面などで視覚的な効果を導き出す人。

主に広告の領域で活躍していて、広告のコンセプトにもとに、メッセージを伝え・訴求するためのデザインをします。

コピーライターやフォトグラファー、イラストレーター、タイポグラファーな様々なクリエイターと協力しながら、グラフィックデザイナーは各々の部分を一つにまとめていきます。

また、イラストレーターやフォトグラファー、タイポグラファーなどがグラフィックデザイナーを兼ねる場合もありますし、デザイン主導・中心の作品の場合はディレクターとして関わることも。

グラフィックデザイナーになるには、制作プロダクションや広告代理店などで実務経験を積みます。

大学や専門学校でデザインを学べば、就職もその後の業務もスムーズ。

コンピュータで作成することが殆どなので、グラフィックソフトも使いこなさなければなりません。

実力がつけば、フリーランスとして活躍できます。