キーパンチャー

キーパンチャーとは、コンピュータに文字や数列・記号などを正確・迅速に入力する仕事のこと。

データ入力オペレーターとも呼ばれます。

昔はタイプライターやワードプロセッサーで文字などを打ち込む職業でしたが、今はコンピューターへの入力がほとんど。

企業での各種事務処理やデータ管理用の入力や、IT企業でのシステム開発に際するデータ入力など、単純に元となるデータを入力するだけのものから、ソフトウエアを操作しながら入力を行うものまで、難易度の差はありますが、ほとんどは膨大な料のデーターを正確に早く入力ができれば内容に関係なく誰でも可能な仕事です。

キーパンチャーになるには、経験もスキルも必要ありませんが、ブラインドタッチ(手元のキーを見ずに入力すること)をマスターすると活躍のフィールドは広がります。

入力スキルを上げるためにタイピング検定やワープロ検定などにチャレンジするのもいいでしょう。