脚本家

脚本家とは、映画やテレビドラマなどの脚本を書く人です。脚本というのは、物語を場面(撮影カット/シーン)ごとに区切って、その再現を行うためにセリフや動き、状況などの詳細を書いた台本です。

物語の原作が面白いかどうかはもちろん大切ですが、それをどのように見せるかという部分を握る脚本家の力量で映像作品としてできあがった、映画やテレビドラマの良し悪しを左右します。

原作は面白いのに映画はつまらない、そんな話もよく聞きますし、またその逆も。

脚本家になるには、見る人を惹きつけるようなシーンの想像力と構成力、それを読む演技者や製作者に伝えられる文章表現力が必要です

脚本家になるには、脚本の書き方を学べる大学や専門学校にノウハウを身に付ける、大学の演劇研究会やアマチュア劇団で脚本家の勉強をする。

あるいは脚本コンテストに応募してデビューのきっかけを掴む手段や、作品をインターネットで公開したり、自費出版したり、映画会社やテレビ局に売り込みをかける方法もあります。

転職とキャリアアップ事典のTOPへ戻る>>